歯周病の初期症状とは

歯周病は痛みを感じるもの、というイメージを持つかもしれませんが、痛みを感じるのはある程度症状が進んでからです。

なので、痛みを感じない初期に気が付ける人というのはかなり少ないのが現状です。そこで歯周病の初期症状を知り、早めの対策を心掛けましょう。

初期症状には、歯磨きをするときに歯ぐきから出血してる・歯ぐきが腫れている・歯ぐきが赤みがかっている、などが挙げられます。これらに当てはまる場合は歯周病の初期症状の可能性があるため、早めに歯医者さんを受診するようにしましょう。歯周病にかかったことで壊れてしまった組織は、治療をしても完全に元の健康な状態には戻りません。

そのことからも、できるだけ早くに治療をすることが大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…

関連リンク

  • 有料老人ホーム

    有料老人ホーム探しは株式会社ケアプロデュースの有料老人ホーム情報館。全国の施設から検索可能。相談料無料で専門家に電話相談もできます!是非参考にしてみてください。

    www.roujin-homes.jp/

PAGE TOP