虫歯の症状とは

誰にとっても一度はかかったことのあるお口のトラブルと言えば、ずばり虫歯ですよね。

虫歯とは、口の中にいる細菌が作りだす酸によって歯が溶けた状態のことを指します。その症状は、初期であれば歯の表面を覆う浅い部分にできたものなので、見た目にもわかりにくく痛みがないためこの段階でご自分で発見するのは難しいと言えます。

しかしながら、そのまま放っておいて虫歯が進行すると冷たいものや甘いものがしみたり、歯に穴が空くため食べ物が詰まりやすくなったりしてしまうので注意が必要ですね。更に歯の神経や血管のあるところまで虫歯が進行してしまうと、痛みを感じたり、歯の根っこの部分が炎症を起こし歯茎が腫れてしまうケースもありますよ。

そのため、普段の歯磨きはもちろん、定期検診などを活用して虫歯には早めの対処が肝心ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  3. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
PAGE TOP