虫歯のでき方とは

誰だって虫歯になりたくないですよね。虫歯のでき方を知ればそれを防ぐための対応も分かるはず、さっそく説明しましょう。

まず、最も大きな原因となるのが虫歯菌の存在で、これは親から感染すると言われているようですね。生まれたばかりの赤ちゃんの口内には存在せず、親が口にしたスプーンや箸を共用することで感染してしまうのですが、どれだけの菌が存在するかは個人差があるようです。

原因となる菌は摂取した甘いものなどの糖分から酸を作り出して歯を溶かし、そのために虫歯が出来てしまうのです。ですから、食事や間食で糖分を摂取した後は歯磨きをするなど口内を清潔にすることが大切でしょう。また、しっかりと歯磨きが出来ないことで歯垢が残ってしまい、それもできてしまう原因になってしまいますよ。

歯ブラシによる歯磨きだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどを利用して徹底的に歯垢を落として虫歯のできない歯を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
PAGE TOP