虫歯と20代の関係とは

虫歯と言えば子どもがなりやすい病気だと思われていますよね。実はリスクが高いのが20代の男女です。

気力や体力ともに一生の間で最も充実しているのが20代ですが、若さにものを言わせて無理をしやすいのも20代の特徴ですよね。徹夜で仕事をしたり、夜通し遊んだり、かなりタイトなスケジュールでデートや趣味の活動をしたりと、肉体的に若いからこそ、つい体に鞭を打ってしまうものです。

栄養バランスの良い食事をしたり、真面目に歯ブラシをしたりデンタルクリニックに通う方も実は少なめであり、そういった不規則な暮らしがたたって虫歯に突然なる20代の方々が案外多いようですね。

虫歯は早期治療が基本であり、早めにデンタルクリニックに行った方が結局安く済みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
PAGE TOP