虫歯と30代の関係とは

30代となると仕事や家事が忙しくなかなか歯科検診に行く時間が取れませんよね。

虫歯になったら痛いし、おいしいものも食べられなくなっちゃうし、それに、相手に不快な思いをさせたくないし(結果自分への好感度が下がるのは絶対に避けたいもの)で、毎食後の歯磨きは欠かさない人も多いですね。

でも、虫歯はちょっとした歯の隙間、食べカスがわずかに残った状態でも、確実に健康な歯を蝕んでいくのです。30代は歯科医院の診療時間になかなか時間が取れないのは、よくわかります。でも、歯は健康で、社会で働くために、マメに健診でチェックして、深く、大きくならないように、早期治療が望まれます。放置すると顎や頬の骨にも浸食し、手術せねばなりません。

30代、虫歯を放置しないように、定期的に歯科検診を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  3. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  4. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
PAGE TOP