虫歯と40代の関係とは

若い頃と比べて口内が乾きやすくなったと感じて、水分の摂取量を増やしている人は、虫歯が発生しやすくなっている可能性もあるので注意しましょう。

年齢が40代になると同時に、口内から出る唾液の量が極端に減ってしまい、唾液が虫歯の原因菌を洗い流せなくなった人も多いです。唾液の分泌量が減ると口臭も悪化してしまうので、口の渇きには注意が必要ですね。

加齢によって唾液の分泌量が減ってしまった人のために、口腔マッサージを行う歯医者も増えていますから、年齢が40代を迎えた人はマッサージを受けてみてください。

口内の検査とマッサージを受けておく事で、虫歯ができていないかチェックしながら、唾液の分泌量を増やす事ができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  2. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  3. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…

関連リンク

  • ステーキ 通販

    九州プレミアム牛のステーキなら、中津留。九州産黒毛和牛や、壱岐牛、天草牛、北さつま牛、博多和牛など、こだわりのステーキを通販でお届けしています。ご自宅に、贈り物に是非ご利用ください。

    www.nakatsuru-shop.com/

PAGE TOP