歯周病の家庭療法とは

歯周病は全然気が付かないうちに進んでいく病気で、気が付いたら進行していたというケースが圧倒的だといわれているんですよね。痛みもないから気づかないでいたら、ある日歯がぐらついている!と知ってびっくりということなのです。

基本的に歯周病になったらよくならないというショックなことがいわれていますので、早く気付いて進行させないようにすることが大事なんです!定期的に歯医者さんに通ってチェックしてもらうのがベストです。

でも、歯周病になってしまった時には治療を進めつつ、自宅でしっかりとケア療法しましょう!何をするかというと、プラークコントロールです!特に歯と歯の間は丁寧にお掃除をしましょう。

また、歯茎と歯の間もきれいにして、硬いものはできるだけ食べやすくして歯にかかる負担を軽減しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
PAGE TOP