歯周病の家庭療法とは

歯周病は全然気が付かないうちに進んでいく病気で、気が付いたら進行していたというケースが圧倒的だといわれているんですよね。痛みもないから気づかないでいたら、ある日歯がぐらついている!と知ってびっくりということなのです。

基本的に歯周病になったらよくならないというショックなことがいわれていますので、早く気付いて進行させないようにすることが大事なんです!定期的に歯医者さんに通ってチェックしてもらうのがベストです。

でも、歯周病になってしまった時には治療を進めつつ、自宅でしっかりとケア療法しましょう!何をするかというと、プラークコントロールです!特に歯と歯の間は丁寧にお掃除をしましょう。

また、歯茎と歯の間もきれいにして、硬いものはできるだけ食べやすくして歯にかかる負担を軽減しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  4. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
PAGE TOP