歯周病の付き合い方とは

歯周病のリスクは残念ながらゼロにはできません。交通事故に遭遇する確率をゼロに出来ないのと同じ理屈ですね。

人である以上、毎日食事は必要であり、食べ物を食べると必ず歯周病の原因も同時に発生するためです。また近年では研究が進み、遺伝的に歯周病になりやすいタイプの方がいる、反対になりづらい人々がいる、という事が分かったとも言われていますね。

ちょっと極論かもしれませんが、いくら努力しても歯周病になる時はなるものです。毎日頑張っても体質的な部分や運要素が絡む体調不良ですので、なった時は無駄に自分を責めずにデンタルクリニックに行くのがオススメですね。

近頃のデンタルクリニックは機材や技術が進化しており、痛みや不快感が殆ど無いのがメリットですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
PAGE TOP