歯周病のセルフチェック法とは

歯周病はある日突然発症するものではなく、気付かない内になってしまっているものです。

歯周病になると大量になるのがプラークという物質で、非常にネバネバしているのが特徴です。これは原因菌が口内に長く留まるために作るもので、ケアして取り除いてもすぐに出てくる場合は、歯周病になっている可能性が高いです。

そして菌は歯茎に炎症を起こし、炎症を引き起こします。身体が弱っているタイミングでも起きやすく、ブラッシングで簡単に出血したりします。弱った歯茎は段々根元の方に下がっていくので、歯の面積が増えたかどうかもチェックポイントのひとつです。

本格的な診断は歯医者さんでしてもらわなければならないので、これらの異常があったら受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…

関連リンク

  • モードテイスト

    日本製にこだわり、黒を基調としたモードテイストのファッションを提供するZEROインターナショナル。シンプルかつ、一癖あるアイテムを多数取り揃えています。どんなコーディネートにも取り入れやすいので、是非チェックしてみてください。

    zero-onlineshop.net/

PAGE TOP