歯周病の無痛治療とは

急に歯茎が痛くなってしまった時には、歯磨きや歯茎のマッサージをしているだけでは、いつまで経っても痛みが改善されない可能性もあります。現在では歯周病の無痛治療を行える歯科も増えていますから、痛みを怖がらずに治療をお願いしてみましょう。

専用の機器やアミノ酸などを使った治療を行う事で、歯肉へのダメージを最小限に抑える歯科で治療を始めると、痛みを感じずに治療を進められますよ。患者の歯を治療を残す事を最優先に考えながら、歯周病の無痛治療を行ってくれるので、抜歯は嫌だと感じる人も安心できますね。

口内の汚れを落とすと同時に、歯周病の原因菌を活性酵素で死滅させる治療法も、痛みを感じにくいのでおすすめできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
PAGE TOP