歯周病の無痛治療とは

急に歯茎が痛くなってしまった時には、歯磨きや歯茎のマッサージをしているだけでは、いつまで経っても痛みが改善されない可能性もあります。現在では歯周病の無痛治療を行える歯科も増えていますから、痛みを怖がらずに治療をお願いしてみましょう。

専用の機器やアミノ酸などを使った治療を行う事で、歯肉へのダメージを最小限に抑える歯科で治療を始めると、痛みを感じずに治療を進められますよ。患者の歯を治療を残す事を最優先に考えながら、歯周病の無痛治療を行ってくれるので、抜歯は嫌だと感じる人も安心できますね。

口内の汚れを落とすと同時に、歯周病の原因菌を活性酵素で死滅させる治療法も、痛みを感じにくいのでおすすめできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  4. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
PAGE TOP