歯周病の時代背景とは

口内の菌などが原因で起きる歯周病そのものは、非常に古い時代からありました。ですが治療方法などはもちろんなく、歯を抜いたり大まかに削るなどが対処方法でした。

そもそも歯周病がプラークを伴うなどの考え方は、菌という存在が見つからなければ生まれません。そして菌自体が比較的最近に見つかったものなのです。なのでそれまではでてきた症状を原因も分からずになんとか対処するのが精一杯でした。

また同じように菌が引き起こす虫歯の治療もそうですが、歯周病のひとつである歯石をとりのぞくのも、機械が発展しないとできないことでした。

それらの段階を踏んだからこそ、今では治療や予防の方法が確立され、具体的な症状が広く知られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…

関連リンク

  • 練馬 幼稚園

    みずほ学園では「実るほど頭を垂れる稲穂かな。」という言葉を大切にし、智を身につけると同時に礼を重んじ徳を身につけた人材を養成することを目的とし、インターナショナルスクールや幼稚園、キッズスクール、アフタースクールなどを展開しています。

    www.mizuho-kids.com/

PAGE TOP