歯周病と食生活とは

昔の人は硬い物を食べていたので噛む回数が多かったのですが、現代人は「フワフワ」や「とろける」など柔らかいものを好むようになってきたので、歯周病も増えてきてしまいました。

歯周病と食生活には深い関係があって、柔らかいものばかりを食べていると歯茎が弱ってしまいます。また、歯にまとわりつく量も多くなるので、食後の歯磨きをしっかりしないと口臭の原因にもなるので気を付けましょう。

しっかり噛むことは歯茎を鍛えることにもなることと、歯にこびり付いた歯垢を取り除いて歯周病の予防に繋がります。いくつになっても自分の歯で食事ができことはとても幸せなことです。

後から後悔しないように歯周病を予防して健康で美味しい毎日を過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
PAGE TOP