歯周病とおやつの関係とは

誰もが歯周病に悩まされることなく健康な歯の状態を保ちたいと願っているはずですが、毎日のご褒美や息抜きとしておやつを楽しみにしている人も多いですよね。

そんなおやつにも、実は歯周病になりにくいものとなりやすいものがありますよ。皆さん大好きなチョコレートや砂糖入りのガムは、残念ながら酸を作りやすく、歯周病予防としては避けた方がベターですね。

また、歯にくっつきやすいキャラメルやスナック菓子なども酸を作る原因となります。反対に、口の中をさっと通るアイスクリームやヨーグルトはおすすめです。チーズやナッツも歯にくっつきづらいので酸が作られにくいと言えますね。

どうしてもおやつがやめられないと言う人は、おやつを食べた後にうがいや軽い歯磨きをするだけでも随分な予防になるので試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  3. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  4. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
PAGE TOP