歯周病と糖分の関係とは

歯周病の大きな原因となるのは、口の中に住んでいる菌たちです。

そして菌は糖分を主な栄養源としているので、甘いものを頻繁に食べていると菌の働きが活発になったり繁殖力が高くなるので、歯周病になる確率は上がります。また糖は何も砂糖だけではなく、炭水化物など多くの食べ物に含まれています。なので歯周病予防のひとつは、糖分が口の中にある時間を短くすることです。だからこそ食後の歯磨きが至る所で推奨されているわけです。

さらに糖分がねっとりした状態だと、歯にまとわりつくだけでなく隙間にも入り込みやすくなります。菌にとっては中々無くならない恰好の栄養です。それを取り除くためにも、しっかりとしたブラッシングが欠かせません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…

関連リンク

  • 保温工事 防熱工事

    長崎の船舶・プラントの保温工事・防熱工事はワークマーケティングへ。全国にネットワーク・協力会社を持ち、全国からの依頼にも迅速・柔軟に対応しています。工事のスピードとクオリティーはどこにも負けないサービスを提供しています。

    www.workmarketing.jp/

PAGE TOP