歯周病を防ぐ歯の磨き方とは

歯周病の原因は細菌性プラークですから、これを確実に取り除く歯みがきが有効で、毎日実行しましょう。

まずは自分に合った歯ブラシを選びます。毛先はストレートが良く、3、4列くらいで清掃しやすく通気性が確保されているタイプで、やや硬めが良いです。歯茎に炎症がある場合は柔らかめを選択します。歯ブラシの持ち方は、鉛筆を持つような方法が良いとされています。

磨き方の基本は1本ずつ丁寧に磨くことです。そして歯周病に有効な方法は、歯の外側は歯ブラシの毛先を歯に直角に当て、軽い力で小刻みに左右に動かします。歯の内側は45°に当て同様に行ないます。スクラッビング法と呼ばれるこの方法は、歯茎が健康な人向け。

バス法と呼ばれるものは歯の外側・内側共に45°の角度を歯ブラシに付け小刻みに左右に動かします。これは歯茎に炎症が見られる人向けになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
PAGE TOP