歯周病を防ぐ口内ケアとは

歯周病は感染症のひとつで、症状が進行すると歯を支えている骨が吸収されて歯を失う原因になります。

歯周病を防ぐには毎日のケアが必要になります。特に重要なのがブラッシングです。日本人は正しいブラッシングの方法を知らずに自己流の磨き方で歯を磨いている人が多く、奥歯や隙間の汚れが落ちていないケースもあります。

汚れが落ちていないと虫歯や歯周病の原因になります。ブラッシングだけだと磨きにくい部分は専用のブラシやデンタルフロス、液体ハミガキなどを使います。正しいブラッシングの方法がわからない場合は、歯科クリニックで教えてもらえます。

歯科クリニックで定期的に歯のチェックをすることも大切で、歯科医の診察を受けていれば初期の段階で歯周病を防ぐことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  2. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
PAGE TOP