歯周病と赤ちゃんの関係とは

歯周病は低体重児出産や早産のリスクとなるようです。今この関係は周知の事実となっているんです。

妊婦が歯周病にかかっていると低体重児や早産になる可能性が高くなると、先進国では大きな話題として取り上げられ新しいデータもあります。

今まで体重が少ない赤ちゃんの出産や早産のリスクファクターは年齢、人種、性別、たばこ、アルコール、ドラッグ、経産の有無などが挙げられてきましたが、これらのリスクファクターだけでは原因を解明することができませんでした。このような現状から、慢性炎症疾患である歯周病との関係が注目されるようになってきたんです。

歯周病が進行して歯肉の炎症がひどくなると、プロスタグランディンというホルモン物質が多くなるのです。この物質は陣痛促進剤の成分として利用されることから、歯周病と早産、低体重児出産の関係が注目されるようになったんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  2. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  3. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  4. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…

関連リンク

  • ミクロガード

    アレルギーを引き起こす物質から、家族の健康を守り、快適な睡眠を。ミクロガードの寝具は、高密度生地によってダニ・ハウスダストを遮断。洗ってすぐ乾き、快適な使い心地を提供しています。是非ご利用ください。

    www.micro-guard-online.biz/

PAGE TOP