歯周病と子供の関係とは

歯周病と子供の間には、食生活や親が教えるケアが影響しています。歯は一生の友人ですから、歯周病は何としても避けたいものですね。子供の歯周病を避ける為には、偏った食生活やダラダラと食べることは止めて、メリハリのある食生活の取り組みが大切です。

また、食後は歯を磨く習慣を身につけさせることで、早期の歯周病が避けられますよ。長期的に見ても、歯磨きの習慣は将来の財産になりますから、早めに効果的なケアを身につけさせたいものですね。

歯周病は歯垢の放置やメンテナンス不足など、複数の要因が絡まって生じる病気ですよね。つまり、歯磨きの正しいやり方が分からないと虫歯になりますし、歯肉炎が発生したりやがて歯根にも影響が出始めます。

日々のケアが将来を大きく左右しますから、食生活や食後の歯磨きは、自分で考えて実践したり続けられるように身につけさせることが大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  2. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP