知覚過敏と食生活とは

知覚過敏と食生活が関係あるの?と思っているいる人が多くいそうですが、実は大きな関係があるんです。

特に歯のエナメル質が剥がれてしまうと起こる知覚過敏では、エナメル質を破壊するような食材は天敵となります。一番の天敵は酸です。例えば健康に良いと言われて毎日のように食べている人も多いフルーツジュースなどもそうです。

ワインが好きな人も多いでしょうが、ワインもそうですし、炭酸ジュースも文字通り酸が入ってますよね。そんな酸が歯に触れる機会が一日の2回あると歯の表面のエナメル質が破壊されてしまうリスクが高まると言われています。そう考えると怖くて何も食べたり飲んだりできなくなってしまうかもしれませんが、大切なのは適切なケアをしてあげることが一番です。

知覚過敏で悩む前に日頃からのケアが重要だということですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…

関連リンク

  • くま 手術

    目の下のくまを解消するなら銀座みゆき通り美容外科。疲れて見える、不健康に見える、老けて見えるなど、目の下のクマでお悩みの方。是非一度ご相談ください。

    www.biyou-clinic.jp/

PAGE TOP