知覚過敏とおやつの関係とは

冷たいものや熱いもの食べたり飲んだりした際に、歯や歯茎に痛みを感じるのが知覚過敏の主な症状です。

エナメル質がはがれている時やストレスを感じて酸が多い場合になりやすくなります。おやつに熱い飲み物を飲んだり冷たいアイスを食べる時に自覚症状があるのが特徴です。

甘酸っぱい果物で感じる方がいるので早めに歯科医で診察を受けます。おやつの後にきちんと歯磨きをするなどのケアが大切です。歯を磨けない時はうがいをしたり、キシリトール入りのガムを噛む習慣が知覚過敏を改善する方法になります。ストレス以外に歯磨きがきちんとできていないと起こる症状のひとつです。

歯垢をなるべくきれいにとるように、日ごろから歯磨きをします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…

関連リンク

  • ブラジリアンワックス メンズ 新宿

    男性の方も、ムダ毛処理で清潔な肌を手に入れませんか?ブラジリアンワックス専門脱毛サロンのROMEOWAXでは、完全予約制のプライベートサロンで、他のお客様と顔を合わせることなく、利用することができます。是非ご利用ください。

    www.sw-romeo.com/

PAGE TOP