知覚過敏とおやつの関係とは

冷たいものや熱いもの食べたり飲んだりした際に、歯や歯茎に痛みを感じるのが知覚過敏の主な症状です。

エナメル質がはがれている時やストレスを感じて酸が多い場合になりやすくなります。おやつに熱い飲み物を飲んだり冷たいアイスを食べる時に自覚症状があるのが特徴です。

甘酸っぱい果物で感じる方がいるので早めに歯科医で診察を受けます。おやつの後にきちんと歯磨きをするなどのケアが大切です。歯を磨けない時はうがいをしたり、キシリトール入りのガムを噛む習慣が知覚過敏を改善する方法になります。ストレス以外に歯磨きがきちんとできていないと起こる症状のひとつです。

歯垢をなるべくきれいにとるように、日ごろから歯磨きをします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…

関連リンク

  • https://franciacorta.wine/it/vino/

    「白ブドウが大好きだ!」という貴方。白ブドウの味をフランチャコルタのワインで楽しんでみてはいかがですか?白葡萄の高級品種のシャルドネから作られたワインは、フルーティーでフローラルな、鼻に抜ける香りがして、心地良い酸味が特徴です。ぜひ一度チェックしてみてください。

    franciacorta.wine/

PAGE TOP