知覚過敏と糖分の関係とは

冷たい飲み物を飲んだ時キーンと歯がしみると、どれだけ美味しくても痛みが勝りますよね。

知覚過敏は歯の外側を覆うエナメル質が薄くなり内側の象牙質から神経に伝わることで起こります。エナメル質が薄くなる原因は酸ですが、この酸は口の中の細菌が歯に残った糖と結びついて作られます。

ですから、食事の後で口の中の食べかすをそのままにすると酸が増えます。その結果エナメル質が薄くなり知覚過敏が起こるのです。糖だけでなく酸の強い飲食物も要因になりかねず、食後に口をすすぐ手間を惜しまないことが大切です。さらに歯茎が後退しても知覚過敏は起こります。

糖は知覚過敏はおろか虫歯にまで至る可能性がありますから、日々の歯磨きは努めておこないましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
PAGE TOP