知覚過敏を防ぐ歯の磨き方とは

知覚過敏にならないためにできることとしてはやはり日々の「歯磨き」です。その際には力を入れすぎないようにするのがオススメです。

これはついしっかり磨こうと心がけている人ほどしがちな代表的な間違った歯の磨き方です。歯茎に傷をつけてしまうので力を抜いて磨いてください。

綺麗ならないのではないかと気になる人もいるかもしれませんが歯を綺麗に磨けるか否かに力の入り具合は関係ないのです。優しく丁寧に磨くのが良いでしょう。また、歯肉退縮が起きている場合、歯の根元付近のプラークを特に優しく行ってあげることも重要です。

さらに気になる人は「知覚過敏予防用の歯磨き粉」を使用するのも予防には非常に効果的であることが知られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  2. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  3. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  4. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…

関連リンク

  • 巻き爪 北九州

    巻き爪専門の補正サロン「巻き爪キューキュー福岡」。爪が食い込んで痛い、好きな靴が履けない、爪が切れない、足が出せないなどのお悩みをお持ちの方は是非ご相談ください。

    www.makizume99.com/

PAGE TOP