知覚過敏を防ぐ口内ケアとは

冷たいものを飲むと歯がしみる、このような表現で知覚過敏のコマーシャルがされていますよね。

さまざまな理由で象牙質が露出することで刺激が神経に伝わりやすくなり痛みが出てしまうのが原因なんですね。歯磨きのとき歯ブラシがあたると痛いのでその周辺を磨かないでいると虫歯や歯周病になる可能性が高いので口内ケアが大切です。

知覚過敏は歯医者さんでも治療ができますが、初期の人なら知覚過敏陽は磨きで改善できるんですよね。普通の歯磨き粉には研磨剤が入っていて、それを使い続けるとよくないんです。知覚過敏陽は磨き粉にはその研磨剤が入っていないので、しっかりとブラッシングができ歯周病や虫歯予防もできますよ。

それでも痛いのであれば歯医者さんに相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
PAGE TOP