知覚過敏と赤ちゃんの関係とは

知覚過敏は、冷たいものや甘いもの、刺激の強いものなどを食べた時に歯に感じる一過性の痛みのことで、子供から大人まで症状を感じやすいのが特徴です。

「いたい」「歯にしみる」感覚のことで、虫歯が原因で感じる痛みではありません。妊婦である母親が知覚過敏であると「もしかしたら赤ちゃんにまで移ってしまうかもしれない」と心配になるかもしれないけれど遺伝することはないので大丈夫ですよ。

それよりも、赤ちゃんが離乳食を食べられるようになった時に、お口のケアを毎日欠かさずに行うのがおすすめです。知覚過敏の原因は歯周病であるとも言われているんです。

だからこそ、歯磨きをはじめとする口腔ケアをしっかりとやることが知覚過敏を防ぐことにもつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  2. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  3. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP