知覚過敏と子供の関係とは

子供が歯がしみる、知覚過敏があると訴えたことはありますか。

子供というのは成長の過程で、一時的に知覚過敏になることがあるといわれています。歯を調べてみても何も問題がないことがほとんどなので、一過性のものだと見て歯磨きをしっかりしていれば問題ないですよ。

体が成長するとともに鱧成長しているので、その影響が歯に出てきて知覚過敏の症状が起きてしまっていることが考えられるといわれていますよ。気になることがあったら歯医者さんに見てもらうことが大切ですが、成長期であればそれほど木にすることはないといわれていますよね。

できるだけ丁寧な歯磨きを心がけることで、健康な歯を作ることになるので、歯磨きだけはきちんとすることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  2. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  3. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  4. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
PAGE TOP