ドライマウスの付き合い方とは

ドライマウスで悩む人にとってその付き合い方はとても重要になりますが、特に周りの環境作りに注意することは大切な要素になってきます。

ドライマウスは空気の乾燥によって症状も酷くなるため、普段から室内では加湿器を使うことを心がけたりすることも対策の一つです。また、口での呼吸は口内の乾燥を促進してしまうこともあるので、苦しくならない程度で鼻呼吸を癖にしておくこともおすすめです。

さらに毎日服用している薬がドライマウスを引き起こしてる可能性もあり、抗ヒスタミン剤や抗うつ剤、食欲抑制剤や利尿剤などもドライマウスを悪化させてしまう原因になるため、普段からよく調べておくことも大切になってきます。

自分自身の口の中の状態を把握しながら付き合っていくことが大事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  4. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
PAGE TOP