ドライマウスの治療法とは

夜中に口が渇いたり、口の中がネバネバするといった症状がある人は「ドライマウス」かもしれません。

これらの症状はドライマウスの初期症状で、症状が進行すると虫歯や歯周病などになる可能性もあります。また口臭の原因にもつながります。他人に臭いと思われるのはイヤですよね?

ドライマウスが疑われたら、まず検査で原因を探っていきます。何よりもドライマウスである状態に気付くことが大切なのです。病院では原因をつきとめ、生活指導や対処法療法を中心に行っていきます。基本的には原因さえ分かれば、日頃の生活習慣を見直すことで改善することができるからです。

口が渇いて会話しにくかったり、口臭が気になるなど、お口のトラブルで悩んでいる人は一度病院で検査してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は葉の周りに起こる病気のことを言います。虫歯のように、あるいは虫歯が進行して痛みを伴う歯髄炎の…
  2. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  3. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  4. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
PAGE TOP