ドライマウスの予防法とは

口が乾燥しがちで食べ物が飲み込みづらいとか、話をするときにろれつが回らないなどの症状がある人は、ドライマウスの可能性があります。

唾液が少ないことで起こる症状ですが、原因は他の病気が潜んでいたりストレスなども関係します。予防法はこまめにうがいをし口腔内を常に潤すよう心掛けましょう。

また口の周りの筋肉を動かすことも唾液の分泌を促します。ドライマウスは一般的に中高年から多くなる傾向がみられますが、予備軍は4人に1人とのデータもあります。若いからと口腔のケアを怠っているとドライマウスの症状に悩まされかねません。人と接する機会が多い人は口臭の原因にもなりますから特に注意しましょう。

口臭を気にして会話がぎくしゃくするのは困りますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  3. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  4. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
PAGE TOP