ドライマウスと食生活とは

ドライマウスを改善するには唾液の分泌が必要です。そこで唾液の分泌を促す食べ物をご紹介します。

まず、即効性があるのは、梅干しやレモンなどの酸っぱいものでしょう。口の中は酸味を感じると反射で唾液が出やすくなります。また、生野菜のような水分の多くて適度にかたいものも、口に水分を与えてくれます。

意外なものでは昆布や納豆も唾液の分泌を促進する酸が含まれているのでおすすめですよ。そしてあごをよく動かすと唾液が出やすくなるので、それらの食べ物をよく噛んで食べることが重要です。最近では日本人の噛む回数が減ってきていると言われいるので、よく噛むよう意識してみて下さい。

このように食生活でも意識することでドライマウスは改善していくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  3. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…

関連リンク

  • 除湿機 おすすめ

    収納スペースを除湿したい!という方いらっしゃいませんか?アンドデコの「AND・DECO コンパクト除湿機 小型」をおすすめします。電源不要のスリムな除湿機で繰り返し使えて、置き場所を選ばず、360°吸湿で隅々まで除湿できます。クローゼットや靴箱等の狭いスペースでも使用できます。

    and-deco.com/

PAGE TOP