ドライマウスと食生活とは

ドライマウスを改善するには唾液の分泌が必要です。そこで唾液の分泌を促す食べ物をご紹介します。

まず、即効性があるのは、梅干しやレモンなどの酸っぱいものでしょう。口の中は酸味を感じると反射で唾液が出やすくなります。また、生野菜のような水分の多くて適度にかたいものも、口に水分を与えてくれます。

意外なものでは昆布や納豆も唾液の分泌を促進する酸が含まれているのでおすすめですよ。そしてあごをよく動かすと唾液が出やすくなるので、それらの食べ物をよく噛んで食べることが重要です。最近では日本人の噛む回数が減ってきていると言われいるので、よく噛むよう意識してみて下さい。

このように食生活でも意識することでドライマウスは改善していくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
PAGE TOP