ドライマウスとおやつの関係とは

一生懸命仕事に取り組んでいると、口の中が乾きますよね。唾液の分泌量が少なくなると、口臭が発生して同僚に嫌われますよ。

そこでおすすめなのが、おやつを食べる習慣ですね。ちょっとしたお菓子を口に含むのであれば、多くの職場で大丈夫ですよね。チョコレートやビスケットといった匂いが強くないものを引き出しに忍ばせておけば、ドライマウスを防ぐことにもなりますよ。

なぜおやつがドライマウス対策にいいのかと言うと、噛むときに人間の口の中には唾液が分泌されるからです。そもそも唾液というものは、食事で口に含んだ食材の消化を助けるために出てきます。しかし仕事中は食事をしませんから、唾液の量が少なくなりドライマウスになってしまうわけです。

ガムをくちゃくちゃさせていると印象も悪いので、軽いお菓子を用意しておくのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  4. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
PAGE TOP