ドライマウスと糖分の関係とは

夜中寝ている時に口の中が乾いたり、乾いた食べ物が食べにくくなったり、口腔内がネバネバしたりする症状がずっと続いたらドライマウスの可能性がありますね。

口の中が乾くだけなんだから別に水分補給をすれば問題ないと放置する人もいますが、あなどると恐ろしいことになるかもしれないです。ドライマウスの原因はいくつかありますが、その一つが糖尿病なんですよね。

糖尿病になると糖分を体外に排出するためにいっしょに大量の水分も排出されてしまうんです。水分が排出されて脱水状態になって口の中がパサパサになる事でドライマウスの症状がでてしまうんですよね。

他にも腎不全や更年期障害でも唾液分泌量が減ってドライマウスになる事がありますが、それ以外なら糖尿病のサインなので念のために検査を受けた方が良いと言われてますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  2. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  3. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  4. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
PAGE TOP