ドライマウスを防ぐ歯の磨き方とは

ドライマウスの方にオススメしたい歯の磨き方としては「発泡剤」が配合されていない歯磨き剤を使用するようにしてください。

なお、この「発泡剤」というのは具体的に配合されている成分は「ラウリル硫酸ナトリウム」というものです。成分名を聞いてもピンとこないかもしれませんがこの「ラウリル硫酸ナトリウム」が配合されていることでブラッシング時の泡立ちが非常に良くなるため多くの歯磨き剤に配合されている成分です。

泡だつ分しっかりと歯を磨けている感覚を味わいやすい点が魅力ですがドライマウスで敏感になっている粘膜にとっては刺激となってしまい悪影響を及ぼす可能性が高い存在と言われています。また、磨きが甘くなる原因となり磨き残しの原因となる点からも無配合のものの使用がオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  3. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  4. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…

関連リンク

  • ソウルジュエリー

    遺骨アクセサリーを取り扱うSoul Jewelry。大切な人への想いを、ペンダント、ブレスレット、リング、ブローチで身に付けられます。様々な素材、モチーフ、ストーン、色で選ぶことができます。アレルギーに配慮するもの、刻印ができるものもあります。

    www.mao-online.com/

PAGE TOP