口臭の予防法とは

口臭は自分では気づかないことも多く、周りの人に臭いと思われていないか心配になりますよね。

そこで自分できる口臭予防法を紹介します。口臭の原因でまず最初に思いつくのは口の中の汚れですね。口の中で特に口臭のもとになるのは舌苔と呼ばれる舌の汚れです。

歯磨きの際に重点的に舌を磨かないと舌苔が残ったままになって臭いの原因になるので、歯だけでなく舌苔も磨くようにしましょう。鏡で舌を見て、舌の表面が白くなっていなければ舌苔がきれいになった証拠です。しかし、臭いのもとになっているのは口の中の汚れだけではありません。

実は便秘や胃荒れなども口臭の原因になるので、胃が荒れないように食べ過ぎや飲み過ぎなどに注意し、運動や水分補給で便秘を解消するなどの工夫をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  2. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  3. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  4. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
PAGE TOP