口臭の歴史とは

口臭とは口腔や呼気の嫌な臭いのことで、臭いの強い食品を食べると起きますよね。

口中が不潔だったり気道や消化器の疾患からも発するものなので、生活習慣や体内環境によって臭いの有無や種類は大きく左右されます。その歴史を紐解くとかなり古く、古代ギリシャではヒポクラテスが歯磨き指導をしたという言い伝えがあり、インドでは釈迦が弟子に口臭を注意したようですね。

日本でも江戸時代に甘いお菓子を庶民が楽しめるようになったことから、虫歯や歯周病を患う人が増え、口臭が指摘されるようになりました。臭いの強い食品を避け、食事の後には歯磨きをしっかり行わないと口臭で周りに迷惑をかけることになるので、普段から注意が必要ですね。

ストレスをためないようにし生活リズムを保ち、睡眠を十分にとることも大事で、そうすることで胃の調子を整えることができるので、口臭予防に繋がりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  2. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  3. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  4. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…

関連リンク

  • 東京 インターナショナルスクール

    みずほスクールでは、お子様の向上心、創造力、問題解決能力、言語力、日本文化・海外文化を尊重する気持ちを養い、リーダシップが取れる人格の形成をおこなっています。東京でインターナショナルスクールをお探しの方、是非みずほスクールへ。

    www.mizuho-edu.co.jp/

PAGE TOP