口臭の時代背景とは

現在市場では多くの口臭ケア用品が販売されており、これらの商品を使用するのは食後や飲酒後などの限られた場面で利用されることが多いですよね。

しかしこれらの場面以外でも口臭の原因となっている場合もあり、現代の時代背景から若い世代から年配の世代まで多くの方がスマートフォンを利用されてますよね、このスマートフォンが口臭の原因となる場合があります。

スマートフォンと口腔内は一見関係ないと思いますよね、しかし機械が発するブルーライトが目に入ることで交感神経が強い刺激を受け緊張感が増すことによりドライマウス状態になりやすいことはあまり知られていません。

唾液は口腔内の潤いを与える他強い殺菌力も持っており、この唾液が口臭の原因菌を増殖させない作用があり、スマートフォン使用時はドライマウスの状態を避けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  2. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  3. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…
  4. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…

関連リンク

  • ドライバー派遣 京都

    京都でドライバーの仕事をお探しなら、ドライバー派遣ドットコム【関西版】。豊富な求人情報と、登録から勤務開始までのスピーディーさは業界特化の求人サイトならでは。是非ご活用ください。

    www.kansai-driver-haken.com/

PAGE TOP