口臭と糖分の関係とは

口臭の原因は様々ですが、その中の一つに糖分が関係しています。糖分が多い食べ物は、歯を構成している成分のエナメル質を弱くしてしまい、それによって歯の表面に汚れが付きやすくなります。

そしてそれが、嫌な臭いを発生させる原因となるのです。口臭を少しでも減らすためには、糖分の食べ過ぎに注意したり、食後はきちんと歯を磨くなど対策を行いましょう。口内に糖分が残ったままの状態を無くすことができれば、それだけ口臭も改善されやすくなります。

また、糖質を減らしたいからと炭水化物などの摂取を大幅に減らすことも良くありません。炭水化物が不足すると、体はエネルギーを発生させようとタンパク質と脂肪を分解し始めます。

その際に悪臭が発生するため、この場合も口臭の原因となってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  2. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  3. 口臭大丈夫かな、と不安に思うことってありますよね。大切な人と会う時や大事な仕事の打ち合わせなど、エチ…
  4. 冷たい飲み物を口に含んだり、食べ物を噛むなどの小さな刺激で痛みを感じる知覚過敏は、放っておくと症状が…

関連リンク

  • アカシックツリー

    天然石が好きで、ブレスレットを探している方。アカシックツリーのブレスレットはいかがですか?様々な天然石のブレスレットがあるため、きっとあなたのお気に入りのものが見つかるはず!気になった方は一度見てみてください。

    akashic-tree.jp/

PAGE TOP