口臭と糖分の関係とは

口臭の原因は様々ですが、その中の一つに糖分が関係しています。糖分が多い食べ物は、歯を構成している成分のエナメル質を弱くしてしまい、それによって歯の表面に汚れが付きやすくなります。

そしてそれが、嫌な臭いを発生させる原因となるのです。口臭を少しでも減らすためには、糖分の食べ過ぎに注意したり、食後はきちんと歯を磨くなど対策を行いましょう。口内に糖分が残ったままの状態を無くすことができれば、それだけ口臭も改善されやすくなります。

また、糖質を減らしたいからと炭水化物などの摂取を大幅に減らすことも良くありません。炭水化物が不足すると、体はエネルギーを発生させようとタンパク質と脂肪を分解し始めます。

その際に悪臭が発生するため、この場合も口臭の原因となってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  2. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
PAGE TOP