口臭を防ぐ口内ケアとは

人と接する際に自分の口臭が気になる人もいるかもしれませんが、口内を適切にケアすることで臭いを無くすことが出来ます。

口臭の原因の多くは、舌の上にある白い苔のような舌苔です。舌苔を作らないようにするためには、まずは口内を清潔に保つ必要があります。

歯磨きを行う際は歯ブラシだけではなく、フロスも使って出来るだけ歯垢を取り除きましょう。唾液量の減少も舌苔の増加の原因になりますので、よく噛んで食べたり適度な水分補給を心掛けることも大切です。舌苔を除去するための専用のブラシやガーゼもありますので、舌苔が目立つと感じた時はそれらを使用することも口臭の減少に役立ちます。

口内ケアに気を付けて、口臭に悩まされることのない生活を送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 虫歯と言うと歯が虫に食われているような印象ですよね。実際は食われるのではなく、虫歯菌の出す酸によって…
  2. 歯周病は食事などによって残った歯垢が長くそこにあり続けることで、細菌が繁殖して炎症を起こすことで起こ…
  3. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…
  4. 口臭の原因のほとんどがバクテリアによるものですね。よく歯磨きしているから大丈夫と思っていてもバクテリ…

関連リンク

  • くま 整形

    目の下のくま・たるみ治療の実績7,700件以上。目の下のくまやたるみは、疲労や寝不足が原因ではありません。日頃のセルフケアで解消されるものではありません。是非、一度くま治療本部へご相談ください。

    kuma-tarumi.jp/

PAGE TOP