口臭と赤ちゃんの関係とは

赤ちゃんと口臭は無関係のように思えますが、赤ちゃんの口の匂いが気になることがあります。

その場合は単に母乳やミルクを飲んで乳臭いからというだけではなく、何らかの病気が関係していることもあるので注意が必要です。風邪をひいている時や発熱している時、扁桃腺炎などにかかると口臭がすると感じます。

蓄膿症や鼻づまりを起こして口呼吸をしている時にも口臭が気になることがあり、これは大人にも当てはまる症状です。幼い子どもが罹患しやすい病気の一つである中耳炎も口臭がすることがあります。

乳臭い臭いならば気にする必要もありませんが、赤ちゃんの様子がいつもと違っていて口臭もするようであれば、小児科を受診することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 歯に痛みを感じても、歯医者さんに行かずに我慢しようという人が多いようです。しかし虫歯の進行が進むと様…
  2. 人間の体には潤いが必要です。目はもちろんのこと、肌や手指や口も同様です。日本では、夏場は高温…
  3. 「ドライマウス」は唾液が減少して口の中が乾く病気です。「口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)」とも呼…
  4. 知覚過敏の原因とは象牙質の露出です。歯の内側には象牙質がありますが、この象牙質が露出すると外部から刺…

関連リンク

  • 老人ホーム

    老人ホームをお探しならティージー・サポート。安心と安らぎを感じる居心地の良いくらしを提供しています。外部の医療機関および介護サービス事業者と連携を図り、安心して過ごせる施設作りをおこなっています。

    www.tgsupport.co.jp/

PAGE TOP